MENU

借金が返せない場合にそのままにするとどうなるか

消費者金融やクレジットカードの借金など、返せなければらないお金を期日までに払わず、更に業者からの催促の連絡も無視し続けて払わないとどうなるのでしょうか?

 

借金が返せない

お金があるのに払わないとなると悪質ですが、失業をしてしまったり生活環境が変わったなどの理由でどうしても払えなくなってしまった場合には、どのように対処すべきなのでしょうか?

 

そのあたりを含めて消費者金融の勤務経験のある方からの意見や、法律事務所で日々借金関連の相談を受けている方から聞いた話を元にして、返せない借金に対する最善の方法を考えてみます。焦らずに対処をすれば、借金が返せないとしても家族や会社に内緒に出来ますので、よく見ておきましょう。

 

払わないまま放置しているとどうなるのか

借金を払わずにそのままにしていると、様々な方法によって業者もお金を回収しようとします。ネット上にはQ&Aサイトなどで「借金は返せないならそのままにしていればいい。連絡もしてはいけない」などと書かれている場合がありますが、鵜呑みにはしてはいけません。何せ、誰が書いたか分からない無責任なものですし、もし問題になったとしても「Q&Aサイトに払わなくていいって書いてあった」などという言い訳は通用しないのです。

 

Q&Aサイトに書かれていることの通りにしたとして、以下に挙げるような債権者による強制執行が行われたとしても、Q&Aサイトも回答者も責任を取ってはくれません。

 

連絡もせずにそのままにしている場合

返済日を大きく過ぎているのに一向に返済をしない、それでいて連絡もしない、業者からの電話も出ないなどの無視を続けていると、いつかは業者の担当者が自宅に訪ねてくることがあります。勘違いをしている方が多いのですが、現在の法律では債権者が訪問をするのは禁止されておらず時間や内容を守って自宅訪問をするのであれば何ら問題はありません。

 

実際に某大手消費者金融に勤務されていた方に話を聞くと、一日の業務として返済を滞納している債務者の家へ行き、取り立てをするのではなく今後の返済計画の相談をするとのことです。

 

安定した収入があるにも関わらず払わない場合

まず、借りたお金を払わず返さずにそのまま放置をしている場合、収入の有無によって業者に対応も変わってきます。仕事をしていて安定した収入があるにも関わらず、いくら返済を迫っても一向に払わないのであれば法的な手続きを経て給料の差し押さえを行う場合があります。

 

差し押さえは強制執行となりますので、逃げることは出来ません。勤務先にも借金があること、それでいて返済をしていないことが全て分かってしまいますので、最悪な状況となってしまうのです。

 

時効とするのはハードルが高い

これもよくQ&Aサイトに書かれていることですが、借金を時効で帳消しにするには高いハードルを越える必要があります。時効は5年間で成立しますが、5年間そのままにしたからといって借金が無くなったのでは誰も借金は返しません。業者もあらゆる裁判手続きで時効の中断を行ってきますので、そう簡単に時効にはならないのです。

 

時効成立まで逃げ切ればたしかに時効は成立しますが、債権者が債務名義を取得されてしまえば給料の差し押さえに発展する可能性も十分に考えられ、非常にリスクが高くて危険な行為と言えます。

 

街角法律相談所
街角法律相談所

返せない借金の解決は、まずは匿名での無料相談から始めてみましょう。実際に依頼をするまでは実名も住所の入力も必要なく、ヤフーメールなどのフリーメールがあれば良いので安心です。匿名で債務状況からどれだけの減額が出来るのかをシミュレーションをし、実際に依頼をするかは相談後に決めれば良いため、依頼をするかを決めかねている方でも問題ありません。

相談費用 無料
受付時間 24時間対応
対象地域 日本全国
気軽に無料相談

借り入れ件数が2社以上、債務総額が100万円以上の方は、匿名無料相談によって借金の減額、整理が期待出来ます。少ない借り入れの方は整理をするよりも、自力で払った方が良い場合が多いです。

 

匿名無料相談をしたからといって、必ずしも依頼をしなければいけないわけではありません。思っている内容と違った場合には依頼をしなくても良いので、気軽にご相談下さい。

 

少し難しい話の「債務名義」と差し押さえられる金額

債務名義とは強制執行による給料の差し押さえをするために必要な、請求権の存在や範囲、債権者や債務者を表示した公の文書のことです。簡単に言えば債権者がお金を貸している事実を法的に証明するものとなります。債務名義は借金の契約書とは異なり、法的な力を持ちます。

 

債務名義とは

契約書だけ持って給料の差し押さえは出来ませんが、債務名義さえ取得してしまえば何ら問題なく決められた金額まで差し押さえられるのです。

 

給料が44万円未満では4分の1まで差し押さえが出来るので、仮に30万円の給料の方では75,000円まで取れることになります。今までゼロだった返済が75,000円の回収となりますので、手間も費用もかかる債務名義の取得は、業者としては最終手段として十分に行う可能性のある手続きなのです。

 

返せないからと放置をするのが最も良くない

借金は自分の意思で行ったものであれば、返せないからと開き直っても良いものではありません。借りたものはしっかりと返すのが当然とも言えますので、利息が高くて払えないなら正しい手続きを経て利息をカットし、新たな返済計画のもとで支払っていけば良いのです。

 

借金を払わずにそのままにしていても信用情報機関にはいつまでも未払いの残債がある記録が残り、いつまで経っても新たなカードが作れません。そればかりか賃貸マンション契約時に信販系の保証会社が間に入るとなると保証会社の審査に通らないために、マンションの契約すらも出来ない場合があるのです。

 

払えない借金は専門家への相談で解決をするのが良い

払いたいけど返済金額が大きくて払えない、利息が高すぎてどうにもならないのであれば、借金問題に特化した専門家への相談をすると良いのです。

 

借金が返せないなら相談を

弁護士事務所も借金問題に強いところが増えてきており、債権者との減額交渉となる任意整理についても強い交渉力で月々の返済を極力小さく、減額が出来るようにしてくれます。

 

弁護士に頼めば弁護士費用がかかってしまいますが、借金で困っている方はお金が無い状況がほとんどですので、分割や後払いでの対応ももちろん可能です。また、最近では弁護士事務所の競争も激しくなっているので相談無料で全国対応とするところも多いです。

 

近くに弁護士事務所が無くても相談可能

メールや電話で相談が出来るため、近くに弁護士事務所が無くても借金の整理が出来ます。「債務整理をすると家族や会社にばれてしまうのではないか」と不安に感じる方も多いかと思いますが、秘密で知られずに債務整理を進めることももちろん可能です。

 

また、弁護士に依頼をして着手をしてもらうと、最短即日で業者からの取り立ては全てストップします。毎日かかってくる電話や通知にストレスを貯める日々からも開放されますので、借金が返せないと頭を抱えている方は一度無料相談で話を聞いてみると良いでしょう。

 

債務整理を依頼する弁護士事務所は信頼の出来るところで

借金の整理をする方が増えるにつれて、借金問題に特化した弁護士事務所も増えてきました。中には相場からかけ離れた着手金や報酬を請求するところ、過払い金を取れたのに債務者側には言わずに全て弁護士事務所側で取ってしまうようなところもあります。

 

そういった悪質な弁護士に依頼しないためにも、一例ではありますが借金問題に特化していて交渉力が強く、それでいて相談も無料で受けてくれる弁護士事務所をいくつかご紹介いたしますので、債務整理を検討する際には参考にしてみてください。借金が返せないと日々不安な暮らしを送っている方には、手助けとなってくれることでしょう。

 

天音法律事務所の特徴

秘密厳守で返せない借金の解決を進めてくれる法律事務所で、相談はメールも電話も24時間無料となっています。相談だけでももちろん受け付けてくれますので、まずは無料の電話かメール相談で話を聞いてみると良いでしょう。
携帯電話からも対応の24時間受付無料電話相談はこちら
0120-868-013

 

樋口総合法律事務所の特徴

借金の取り立てを即日ストップも可能で、払えない借金の取り立てに悩まされている状況でもすぐに対応をしてくれます。相談はメールも電話ももちろん無料で、急ぎの方や詳しい話を聞きたい方は、電話で相談をするケースが多いです。
携帯電話からも対応の24時間受付無料電話相談はこちら
0120-215-993