MENU

連帯保証人にも多い債務整理

借金の連帯保証人というのは、債務者が万が一、今後の返済が不可能になってしまったという場合に、債務者の代わりに返済をする義務を負います。もちろんこれは借金の金額に関わらず責任を負わなくてはなりませんので、まずは連帯保証人になる場合には、必ずそのことを頭に入れておかなくてはなりません。友達に頼まれたからといって、安易に引き受けてしまうと後で大変なことになってしまいます。

 

連帯保証人に対する請求が行われる

債務者は月々いくらという決まりで借金を返済していくことになりますが、もしその債務者が返済不可能になってしまったという場合には連帯保証人は一括での返済を求められます。たとえ一括で返済することが難しいような多額の借金であっても、分割での支払いに応じてくれる貸金業者というのはとても少ないので、連帯保証人の方も債務整理をする必要が出てくるのです。

 

債務整理が連鎖してしまう可能性がある

そのため、債務者が債務整理をおこなうという場合には、連帯保証人も同時に債務整理をして借金を解決していくという方法がとられるケースが少なくありません。連帯保証人を頼まれた場合には、最悪のケースを考えて自分自身も今後債務整理をしなくてはならない可能性もあるということを念頭に置いてじっくりと検討するようにしましょう。