MENU

過払い金請求は信用情報機関に載らない

グレーゾーン金利が問題になり、過払い金にもスポットライトがあてられるようになって暫く経ちました。過払い金にも時効があることで多くを払っていた方は既に返還請求をしているものと思われますが、これから請求をしてみようと考えている方の中には「過払い金返還請求をするとブラックになってしまうのではないか」と不安に感じる場合もあるでしょう。

 

支払う必要の無かった利息を返してもらうだけ

過払い金返還請求はグレーゾーン金利で払いすぎていた利息を返してもらう正しい手続きであり、本来は支払う必要が無かった利息を返してもらうだけですので、借金に関する事故ではありません。債務整理とあわせて過払い金請求をする場合が多いですが、過払い利息だけを請求するのであれば信用情報機関にネガティブ情報が記載されることはないのです。

 

ただ、業者によって「社内ブラック」として過払い請求情報を残している場合があり、過払い請求をすることでその業者からは将来的にカードが作れなくなる可能性もあります。信用情報機関に登録されるネガティブ情報は一定期間で消えますが、社内ブラック情報は業者側が消さない限りは無期限で残りますので、厄介なものとなります。

 

将来的に使わなければ良い

クレジットカードの場合には過払い金を請求するほどの借金はそうそうありませんので、過払いの対象となるのは消費者金融がほとんどです。いくらグレーゾーン金利が無くなったとは言っても依然として高金利なのが消費者金融ですので、社内ブラックになったとしても今後は使わなければ良いだけです。

 

借りれば返済が厳しくなるのは当然ですので、寧ろ社内ブラックで借りられなくなる方が安全で安心出来るとも言えるのではないでしょうか。