MENU

任意整理のメリット・デメリット

債務を軽減する手段として利用される債務整理の中で最も一般的に利用されているのが、任意整理です。任意整理は、他の債務整理の手段と異なり、一切裁判所を介すことなく行うことが出来るため、手続きが比較的楽であるとされており、利用する方が多く見られます。以下では、そんな債務整理の任意整理のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

任意整理におけるメリット

まず任意整理のメリットとしては、債務を減額することが出来るという点にあります。特に個人で消費者金融などを利用されて債務に苦しんでいるという方などは、任意整理を通じて過払い金の返還請求などが出来るケースが多く、想像以上に債務が大きく減額できることも珍しくありません。

 

また、任意整理はあくまで弁護士や司法書士と債権者との交渉によるものですので、債務の返済方法などについても有利なものへと変更できる場合もあります。

 

任意整理におけるデメリット

一方のデメリットとしては、裁判所を介する債務整理と異なり、減額できる額が必ずしも希望したものに届かないというケースもあるという点が挙げられます。また、近年では債権者が任意整理に応じないという場合も少なからず見られていることから、結局別の手段に変えざる負えないといったことになってしまう可能性もあります。

 

デメリットは実績のある弁護士に依頼することで軽減出来る

債権者との交渉となりますので、交渉力の無い素人や、借金問題に対して強くない弁護士では借金の減額が期待出来ません。しかし、任意整理などの交渉力の強い実績のある弁護士に任意整理を依頼すれば、債務者が有利になる条件での減額も期待出来るのです。