MENU

債務整理をすれば信用情報機関にネガティブ情報が記載される

債務整理は返せなくなった借金の整理、返済の立て直しをするものとなり、今後に分割で払っていく任意整理であっても信用情報機関には所謂「事故情報」として一定期間は記録されます。任意整理であれば返済をするまでに数ヶ月の支払いのストップとなりますので、業者によっては完済をしてから5年を超えない期間は事故情報を保持し続けます。

 

債務整理をする大きなデメリット

信用情報機関に事故情報が記載されるのが債務整理の大きなデメリットとなりますが、仮に借金の返済が出来ずにそのままにしていたとしても、同じく事故情報として信用情報機関には記録されることになります。債務整理なら借金を払い終えて一定期間を経過すれば事故情報も消えますが、借金を返さずにそのままにしていたとした場合にはいつまで経っても情報は消えません。

 

債務整理はブラックになるから嫌だと考えて借金を滞納し続ける方もたまにいますが、何ヶ月も返済が遅れていれば既にブラックとされる状態になっており、債務整理をするよりも「たちの悪い」状態になっていることも多いです。

 

返さずにそのままにするのが全てにおいて良くない

信用情報の面でも何でも、借金を返さずにそのままにするのが最も良くないことです。いつまでも未払いの借金が残ればどこでも新規のカード契約や保証契約は結べず、生活に何らかの支障が出てしまいます。しかし債務整理をしてしっかりと支払いをし、残債を支払い終えて一定期間が経過すれば綺麗な状態になりますので、新規での契約も出来るようになるのです。

 

信用情報の上で債務整理に踏み込めないと悩んでいる方は、そのあたりも含めて専門家への相談をしてみると良いです。しっかりとした弁護士事務所なら相談にも親身になって応じてくれますので、分からない点や疑問点はまずは相談です。