MENU

貸金業者から届く支払督促を無視した場合

借金が返せずに再三にわたる貸金業者からの請求の連絡に応じず、いつまで経っても借金を払わないと支払督促が届く場合があります。支払督促ではない訴状のが届く場合もありますが、ここでは支払督促が届いた場合の対処法、また、支払督促を受け取ったにも関わらず無視をした場合にどうなるかを見てみます。

 

お金が無くて借金が払えないからと支払督促を無視していると、大変な問題に発展してしまう可能性もあるのです。

 

身に覚えの無い支払督促が届いた場合は?

支払督促は実際に裁判所から届く通知以外にも、偽装した振り込め詐欺に利用される場合があります。葉書や通常の封筒で届く、中身に振込先の記載があるものなどは正式な支払督促ではないため、無視をして構いません。また、架空請求の中には正式な支払督促を使用するケースもありますが、この場合にも異議申立書を2週間以内に提出をしなければなりません。分からない点があるとしても、身に覚えの無い連絡先には電話等は絶対にしないようにしてください。

 

法的な拘束力を持つ支払督促

じつは、貸金業者からの電話や通常の通知による借金の請求、取り立てには法的な拘束力はありません。もちろん返済が長期に渡って遅れれば信用情報機関に事故情報の記録がされますが、貸金業者から請求がされている段階であれば特に法的に何らかの手続きが取られる段階ではありません。

 

ただ、いつまで経っても払わなければ、法的な拘束力を持つ手続きへと移行をします。それが、支払督促です。

 

支払督促はそれまでの請求とは異なり、法的な拘束力を持つ非常に強い通知となります。中身は大体は一括請求を求める文面となっており、払わなければ強制執行がされるといった内容です。

 

強制執行とは銀行口座や給与の一定額までの差し押さえなどとなり、払えるお金を持っているにも関わらず支払督促に対しても何もしない方に対しては、容赦なく強制的に取り立ててきます。当然ながら裁判所を介している正式な手続きとなるため、何も違法性はありません。

 

給与の差し押さえとなると非常に大きな負担となり、会社にも借金がバレるだけでなく、支払をしていない事実も知られてしまいます。勤務先での信用を落とす結果ともなりかねませんので、支払督促が届いた場合には決して無視をするのではなく、正しい対処法で手続きを進めてください。

 

異議申し立てで時間を稼ぐ

支払督促が届いた場合に、一括で支払えるだけのお金があるなら裁判所の担当書記官に連絡をし、すぐに返済をする旨を伝えてください。しかし、多くの場合にはいきなり一括で借金の残額を請求されても対応が出来ませんので、まずは必ず2週間以内に異議申立書の提出を行ってください。

 

異議申立書を提出したところで根本的な解決には至らず、実際には単なる時間稼ぎにしかなりません。どちらにせよ支払督促を受け取る段階まで来たら無視は出来ないと考えて良いので、今後はどのように支払っていくか、払えないようであれば借金の整理をするかで考えることとなります。

 

繰り返しになりますが、面倒だからと支払督促を受け取っても、払えないからといって異議申し立てを行わない、無視をするのは避けてください。2週間以内に提出をしなければ貸金業者の言い分が全て通ってしまうようなもので、強制執行がされてしまう可能性が非常に高くなります。

 

難しい場合には早めに相談をする

異議申立書を提出したところで、何も借金が減額されるわけではありません。一括返済が厳しい、分割での支払いにしてほしいとお願いをするだけとなり、それでも払えないようであれば、やはり同じく強制執行による差し押さえなどとなってしまいます。

 

現状では借金の返済自体が出来そうもない、異議申し立ての仕方がよく分からない、異議申し立てで時間は稼いだけどどうにも解決策が見付からない場合には、借金問題を専門とする法律事務所に相談をすると良いでしょう。

 

最近では無料相談が出来る法律事務所も増えてきており、ネット上で匿名での相談も可能となっています。払えない借金の解決を依頼するかは別として、まずは話を聞くだけであれば何もお金はかかりません。

 

支払督促を受け取るような状況ではあまり時間的な猶予もありませんので、安全に家族や会社に内緒で借金問題を解決するためにも、無料相談から始めてみましょう。裁判となってからでは遅くなってしまいますので、支払督促を受け取った段階で、早めの相談をするようにしてください。

 

 

弁護士法人天音法律事務所の特徴

秘密厳守で返せない借金の解決を進めてくれる法律事務所で、相談はメールも電話も24時間無料となっています。相談だけでももちろん受け付けてくれますので、まずは無料の電話かメール相談で話を聞いてみると良いでしょう。
携帯電話からも対応の24時間受付無料電話相談はこちら
0120-868-013